スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです
さてさて、大変お久しぶりです。
生きております。

最近、喜ばしいことに恋愛・趣味ともにかなり充実しておりまして「これがリア充ってやつか!!!」と世のリア充さんが聞いたら涙ぐみたくなるような些細なことでも楽しんでおります。

というわけで、リアルがかなり忙しく、全然更新できてなかったわけですが、とりあえず現状報告を。

昨年の夏に恋人にフラれてから半年、今年の2月あたりにめでたく恋人ができまして、現在一応結婚を前提として順調にお付き合い中です!

一応、というのはまだ正式に婚約したり両親に挨拶したり…という手続きを一切ふんでおらず、お互いの微妙な意思確認のみだからです・・・・・笑。

私なぞにはもったいないような方でございまして、本当に私でいいのか?と疑問に思う日々でもあるので、どうなるのかわかりませんが、そんなわけで再び一切の婚活をお休みしております。

とはいえ、この人に出会うまでの半年間、それなりにいろいろ苦労したので、そのへんまた更新したいと思います。
特に1人けっこう私の中では強烈な人に会ったので・・・・苦笑。

その人のことだけでも更新しておきますね笑。
世の中の男性はぜひ・・・彼を反面教師にしてください・・・。
スポンサーサイト
女性はなぜ
おひさしぶりです。
こんな更新しないブログでも、たまに訪れてくれている方がいるようですね。
ありがとうございます。

さて、この話は、私が男女関係を考えるにあたり、今でも軸にしてしまうものです。
このブログでも、よく出てくる話になるかと思うので、書いておきます。
男性も常々「なんで女ってこうなんだろう?」と思うことがあるかと思いますが、ひょっとしたら少しは参考になるかもしれません。

「夫が仕事帰り、つきあいの飲み会で遅くなって帰ってくると、
妻が鬼のようになって仁王立ちで待っている・・・」


昭和のドラマによくある光景です。(うちでは見たことありません)
その昔、高校生だった私にはこの光景が不思議でした。

確かに、連絡もなしに帰宅が遅れたら、事故や浮気などの心配もします。
夕食をどうすればいいか悩みますし、自分が寝るタイミングも鍵をかけるタイミングもわかりません。

でもちゃんと事前に連絡さえしていれば問題ないのでは?
もちろん、仕事に関係ない遊びの飲み会はほどほどにしてほしいですが、仕事なら仕方ないのでは?
夫が仕事をしないと家族だって路頭に迷うのですし(そういうドラマではたいてい妻は専業主婦ですし)

なぜ夫が(たとえ仕事関係でも)帰宅が遅くなると、妻は怒るのか?

高校生の私の、この質問に対する母親の回答は以下のような感じでした。

「帰宅が遅いということは、家庭をないがしろにしているということにつながるから」

それでもいまいち納得がいかなかった私に、さらなる詳しい説明が以下です。

「人間は二足歩行が災いして、子供を未熟児の状態で産まなければなければならず、子供が一人で生きられるようになるまで何年もの時間がかかる。
その間母親はつきっきりで子供の世話をしなければならないため、自分と子供の身を守り、餌をとってくるのは夫しかいない。
だから夫が妻子に関心をもたず、守らず、餌もとらないなら、妻は子供もろとも死ぬしかない。
なので、妻となるメスは、夫となるオスに、『常に妻と子を気にかけ守ること』『常に妻と子のために餌をとってくること』を求める。
「帰宅が遅い」というのは、たとえ仕事のためであっても「妻と子を気にかけ守ろうとしていない」というようにとれるため、妻は許さない。」

ここまでくどくはなかったですが、まあだいたいこんな内容の説明でした。

確かに、妻が夫の動向を気にするのは、あくまで子育てに夫の力が必要な場合のようです。
夫婦で子育てしない生物では、夫が浮気をしようとどこに消えようと、一切気にしないようです。
魚や昆虫など、子育て自体しない生物には、交尾後オスがメスに食べられたり、メスの一部になる生物もいますよね・・・。
まさに精子以外用なし、恐ろしい世界ですが・・・。

さておき、これは高校生だった私に、非常に納得のいく内容でした。
また同時に、女性が男性に求めるさまざまなモノコトについても、理解できたのでした。

なぜ女性は、男性に「守ってもらいたがる」のか、「奢ってもらいたがる」のか、「自分に関心を寄せていないと怒る」のか、「私と仕事とどっちが大事なの!?」という意味のわからない質問をするのか。

どれも、自分と(将来生まれる子供の)命にかかわることだからです。

もちろん、こんなことは現代日本ではあてはまらないこともあるでしょう。
でも、女性が本能として、こういう基準で男性を選ぶ傾向があるのは間違いないと思います。
女性は、「自分を大事にして守ってくれる男」「餌をとってくれる男」が好きなのです。

あくまで本能レベルでは、ですが。

これは、男性が若い女性を好み、浮気をする傾向があるのと同じです。
(若い女性の方がより安全に、多く、自分の子供を産んでくれますし、浮気をすることで、自分の遺伝子を多く異なる形で残せます)

また、この記事に書いたような理由で、残念ながら今の日本でもあまり状況は変わっていません。

なので、やっぱり女性が男性に求めるものも、そう変わらないわけです。

「餌はとらなきゃいけないし、守ってやらなきゃいけないし」では、男性は大変だと感じるかもしれません。
よく「女尊男卑」と言って嘆く男性もみかけますが。

でも女性の立場になって考えてみてください。
自分の子供を持ちたいと思ったら、女性は「自分で自分の餌をとる」「自分で自分の身をまもる」という、生物として最低限の「生きる権利」を犠牲にしなければならないのです。
そもそも出産自体、命がけです。今でもやはり出産で命を落とす女性はいます。

それだけのリスクを抱えて、「餌もとりません」「守りません」「自分のことは自分でなんとかしてください」と言う男性の子供を産めますか?
その夫のもとで、子供を育てられますか?

なので、「妻子を守る気はないです」という男性は、少なくとも、子供を望まない女性を選ぶべきだと思っています。
現在の日本では、子供さえ産まなければ、女性も努力次第で十分自活できますから、男性に餌をとってもらったり、守ってもらう必要はないでしょう。

女性に子供を産んでほしいと思うなら、やっぱり男性の義務は果たさなければ難しいでしょう。

とはいえ、IT化やグローバル化で、餌場の競争率がはねあがっている昨今、できれば夫婦で餌とりに行けるとよいのですが・・・。
私の父は「そのために、人間は長生きするという説がある」と言っていましたね。
「通常の生物は、子育てが終わると親は死ぬ。なのに人間は子育てが終わったあとも20年も30年も生きる。
これは、餌をとりに行かなければならない子供夫婦にかわって、孫の面倒をみるためにちがいない」と。

本当かどうかわかりませんが、現実はもうそうするしかない社会になっている気がします。

遠まわしに孫を催促されたような気がしなくもないですが・・・・・w
婚活バー
さて、では前に初めて行ってみた、婚活バーのことを書こうと思います!

大阪、なんばのシングルズバーです。

カテゴリはパーティになっていますが、パーティではないです。
(このバーではパーティもやっており、本当はパーティに申し込んだのですが、時間を間違えていて参加できなかったのでした・・・)

参加できなかったということで、「キャンセル代とか払わないといけないかなぁ」と思ったのですが(払うところは多いです)それどころか、「パーティあとのフリータイムについて、無料にするので、今からでもぜひ来てください!」とのこと・・・。

え?なんで無料?

怪しげな勧誘とかされるんじゃ・・・飲んだあとで高額な請求されるんじゃ・・・と、疑いつつも行ってみました(笑)。


まあ、結果的には無料でなかったのですが、500円でしたので普通にお支払いしました。
怪しい勧誘やぼったくり請求などもなかったです(笑)。

パーティは参加しそこねましたが、通常どうなっているかというと、

1.女性は店に行くとまず店のはしっこのテーブルに案内され、基本的な情報を用紙に記入
(男性は店内のテーブルにちらばっている)

2.空いた男性の元に、スタッフが女性をエスコートする。
(男女ともに相手を選ぶことはできない)

3.そこで20~30分ほどお話する。その間ドリンクは飲み放題。食べ物はスナック程度かな。

4.残り時間5分の時点で、スタッフが紙を持ってくる。連絡先交換用。

5。時間がくると女性はまたスタッフにエスコートされ、次の男性の元へ。


・・・という感じです。

帰りたくなった場合は、男性とのお話が終わったタイミングでスタッフに告げます。
(お話途中では帰れません)

複数で行くと、複数できている男性と数があえば、そこにエスコートされます。
ただ、うまく人数があわなければ、一人一人ばらで別の男性にエスコートされます。

男性は一人客も多かったですが、私が行ったとき、女性で一人で来ていたのは私くらいでした(苦笑)。
女性は若くてきれいな方も多かったですよ。
男性はいろいろです。いかにも遊びなれていそうな人、おとなしそうな人、年齢も20代から50代くらいまでいましたね。

パーティほど時間がきっちりしてないものの、なんとなく男女の人数比をあわせなければなりませんので、それで「無料でもいいので来てください」ということになったのかもしれません。

●よかった点

なんといっても女性は500円で飲み放題です!(曜日によります)
誰かとお話しながらお酒を飲むのがすきな女性にはとてもいいと思います!

あと、バーのくだけた雰囲気なので、かしこまったパーティより話やすいかもしれません。

●よいとも悪いとも・・・の点

男女ともに相手を選べません。まったく好みでない相手とバーで20分お話するというのは、正直かなり厳しいものがあります・・・。
ただ、自分で相手の選択を狭められない分、新しい開拓につながるかもしれません。

お見合いパーティのように相手の情報がわかるカードみたいなものはありません。
相手の名前、年齢、学歴、職業などは一切わからないまま話をすることになります。
先入観を持たずに話ができますが、スペックを気にする人には不向きです。

●悪かった点

悪いというか、バーなので喫煙可です・・・。私のような嫌煙者にはつらかったです・・・。
連絡先交換が、とても拒みにくいです。あれを拒める人はかなりの勇者かと・・・。



私はその夜3人の男性とお話して帰りました。
そのうち、これからも連絡をとってみたいと思ったのは一人だけでしたが、その人に限って連絡が来ないという(苦笑)。
まあ、そんなもんですよねー。


けっこう楽しかったので、また行ってみたいと思います!
婚活の勝ち組とは・・・?
どうも!

周囲の友人たちとか、そこから聞くもろもろの結婚生活とか・・・。

私の年にもなると、ほとんどの友人は結婚してますからね!
(高校時代の類友だけが、ほとんど結婚してないんだが・・・・)

耳年増になるわけです。

そして、まあ独身女のひがみと言われちゃぁ、そのとおりですが。

なぜか性格が良い女の子(私にとっては学生時代のままのイメージなので、たとえ三十路半ばでも「子」といわれてもらおう)に限って結婚できてない気がするんですよ。
もちろん本人に結婚願望がない場合は別ですが・・・皆結婚願望はあるんですよね。


いやけっして私のことじゃないですよ!!
私は性格そこまで悪くはないと自負してますが、よくもない自覚もあります!


あと、結婚できていても、なんか苦労ばかりしていたり・・・。

逆に、学生時代、人の陰口ばっかりあちこち言いふらしてたり、父親や兄のステータス自慢ばかりしてた子、うそつきで人の嫌がるネガティブなことばかり言っていた子、「男の価値なんか金だけよ!」といいながら水商売していた子、「自分で働くなんて冗談じゃない、男に稼がせるのが当然」と公言してた子、何股もかけまくっていた子、仕事さぼって人に仕事おしつけて笑いものにしてた子・・・。

学校でも職場でも、女性どころか男性にまで普通に嫌われてきた子。

なぜか、そういう子に限って、お金持ちで優しい旦那様と幸せな結婚生活をしていたりします。(当然働く気なんかさらさらないので専業主婦)

もちろん美人な子もいますが、お世辞にも美人とはいえryいやいや・・・。

これはなぜか。

1 ひたすら自分の幸せしか考えないので、そのための手段を選ばない
2 旦那さまにとってだけは良い奥さんになる素質がある
3 私が知らない間に人間的に成長してよい人になっていた
4 人に嫌われることになれているので嫌わない人を選び抜く能力がすごい
5 男遊びしなれている人については、男をみる目がある


こんなところではないかと思います!
特に1番は大きいですね。

あと単純な問題として、見た目も大事ですよね!

中身はすっごくいい子なのに、なぜか縁に恵まれない・・・という子は、見た目がちょっと・・・ということがあります。
でも、それでも、見る目のある男性にめぐり合えた子ももちろんいますけどね!

あと、もちろん中身も良い子で、幸せな結婚をしている子もいます!

そういう子の場合は、まあ本人がよい子なので相手に恵まれやすいというのはおいといて、

1 人生計画を若いうちからしっかり考えている
2 相手をみる目がある
3 人好きがする性格で社交的


そんな感じでしょうか。

でもなんか、相手にあわせすぎるせいなのか、相手をみる目がないのか、どうも苦労している友達が多いんですよね・・・。


まあ、そんなこんなはさておき!

私が考えるに、幸せな結婚をできる条件というのは、容姿がよいことでもなければ、性格がよいことでもない!(もちろんそれらがよければ、選択肢が広がる分、幸せな結婚ができる可能性は大きくなりますが)

ただただ、自分にあう相手を選ぶ能力であると!


どんなに性格がひんまがっていて、全世界から嫌われているような人でも「そんなあなたが好き」と言ってくれる人と結婚できれば、それでOKなのです!

逆に、すばらしい人格者で、とんでもない美人でも、自分を不幸にするような人しか選べないなら、(まあ好きで選んでる相手なんでしょうがないでしょうけど)幸せな結婚は難しいのでしょう!



性格よい子は、相手にあわせすぎない、我慢しすぎないのも大事かもしれません・・・。

友人の一人で、明らかに旦那が悪いのに、自分が悪いと思ってけなげなほど努力している子がいる反面・・・、知人のちょっと性格がアレな子は、明らかに自分が悪いのに旦那が悪いと決め付け、一方的に離婚。それですぐ次に自分からナンパした金持ちの彼氏と半年後結婚。今は幸せそうですので・・・。



性格よい人が幸せになるわけじゃないんだなー、とつくづく思う周囲の結婚模様でした!
ぼちぼち
さて、リアルタイムふち子です。

すでに先々月ですか、カップリングした彼とは結局一回限りのデートでした。
なかなかいい方だったんですが、感覚があわなかったのかなーと。


・・・デートが月2,3回って少ないんでしょうか?

前彼さんとそれくらいの頻度でして、私はそれで非常に十分だったんですが、そういったらドン引きされました・・・。


彼は前彼女さんとは、つきあってすぐ、毎日のよーにデートして、すぐ半同棲みたいになったとのこと。

それを聞いた私もドン引きしました・・・。


いやもちろん、結婚する気でつきあおうって男女が「月2回のデートで十分です」じゃ、進展しない・・・ですかね。やっぱりスローすぎますかね。


これが原因かどうかはわかりませんが、確かにあのとき2人の間に溝が入ったような・・・。


うーん、でもどうがんばっても、いきなり「毎日デート、すぐ同棲」なんてのは私には無理です。
毎日メールだけでもものすごくがんばっているのに。


やっぱり結婚自体向いてない性格なんでしょうかねえ・・・。


という反省をしつつ、この記事のような理由で一ヶ月近く活動をやすみ・・・。

先日、なんとなく登録してほぼ放置していたサイト経由で、ある方とお見合いをしました。

正直、ぱっと見た目の好みは私の真逆だったんですが、(私は横に大きい男性が苦手です。マッチョタイプでもおでぶちゃんタイプでも。でもその方はかなり横に大きい方)お話すると、とてもよい方でしたので、また次回もお会いすることになりました。

やっぱり見た目の印象って、話すと変わりますよねー。


あ、それとその翌日、いわゆる婚活バーに初めて行ってきました!。その話はまた別途。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。