FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性はなぜ
おひさしぶりです。
こんな更新しないブログでも、たまに訪れてくれている方がいるようですね。
ありがとうございます。

さて、この話は、私が男女関係を考えるにあたり、今でも軸にしてしまうものです。
このブログでも、よく出てくる話になるかと思うので、書いておきます。
男性も常々「なんで女ってこうなんだろう?」と思うことがあるかと思いますが、ひょっとしたら少しは参考になるかもしれません。

「夫が仕事帰り、つきあいの飲み会で遅くなって帰ってくると、
妻が鬼のようになって仁王立ちで待っている・・・」


昭和のドラマによくある光景です。(うちでは見たことありません)
その昔、高校生だった私にはこの光景が不思議でした。

確かに、連絡もなしに帰宅が遅れたら、事故や浮気などの心配もします。
夕食をどうすればいいか悩みますし、自分が寝るタイミングも鍵をかけるタイミングもわかりません。

でもちゃんと事前に連絡さえしていれば問題ないのでは?
もちろん、仕事に関係ない遊びの飲み会はほどほどにしてほしいですが、仕事なら仕方ないのでは?
夫が仕事をしないと家族だって路頭に迷うのですし(そういうドラマではたいてい妻は専業主婦ですし)

なぜ夫が(たとえ仕事関係でも)帰宅が遅くなると、妻は怒るのか?

高校生の私の、この質問に対する母親の回答は以下のような感じでした。

「帰宅が遅いということは、家庭をないがしろにしているということにつながるから」

それでもいまいち納得がいかなかった私に、さらなる詳しい説明が以下です。

「人間は二足歩行が災いして、子供を未熟児の状態で産まなければなければならず、子供が一人で生きられるようになるまで何年もの時間がかかる。
その間母親はつきっきりで子供の世話をしなければならないため、自分と子供の身を守り、餌をとってくるのは夫しかいない。
だから夫が妻子に関心をもたず、守らず、餌もとらないなら、妻は子供もろとも死ぬしかない。
なので、妻となるメスは、夫となるオスに、『常に妻と子を気にかけ守ること』『常に妻と子のために餌をとってくること』を求める。
「帰宅が遅い」というのは、たとえ仕事のためであっても「妻と子を気にかけ守ろうとしていない」というようにとれるため、妻は許さない。」

ここまでくどくはなかったですが、まあだいたいこんな内容の説明でした。

確かに、妻が夫の動向を気にするのは、あくまで子育てに夫の力が必要な場合のようです。
夫婦で子育てしない生物では、夫が浮気をしようとどこに消えようと、一切気にしないようです。
魚や昆虫など、子育て自体しない生物には、交尾後オスがメスに食べられたり、メスの一部になる生物もいますよね・・・。
まさに精子以外用なし、恐ろしい世界ですが・・・。

さておき、これは高校生だった私に、非常に納得のいく内容でした。
また同時に、女性が男性に求めるさまざまなモノコトについても、理解できたのでした。

なぜ女性は、男性に「守ってもらいたがる」のか、「奢ってもらいたがる」のか、「自分に関心を寄せていないと怒る」のか、「私と仕事とどっちが大事なの!?」という意味のわからない質問をするのか。

どれも、自分と(将来生まれる子供の)命にかかわることだからです。

もちろん、こんなことは現代日本ではあてはまらないこともあるでしょう。
でも、女性が本能として、こういう基準で男性を選ぶ傾向があるのは間違いないと思います。
女性は、「自分を大事にして守ってくれる男」「餌をとってくれる男」が好きなのです。

あくまで本能レベルでは、ですが。

これは、男性が若い女性を好み、浮気をする傾向があるのと同じです。
(若い女性の方がより安全に、多く、自分の子供を産んでくれますし、浮気をすることで、自分の遺伝子を多く異なる形で残せます)

また、この記事に書いたような理由で、残念ながら今の日本でもあまり状況は変わっていません。

なので、やっぱり女性が男性に求めるものも、そう変わらないわけです。

「餌はとらなきゃいけないし、守ってやらなきゃいけないし」では、男性は大変だと感じるかもしれません。
よく「女尊男卑」と言って嘆く男性もみかけますが。

でも女性の立場になって考えてみてください。
自分の子供を持ちたいと思ったら、女性は「自分で自分の餌をとる」「自分で自分の身をまもる」という、生物として最低限の「生きる権利」を犠牲にしなければならないのです。
そもそも出産自体、命がけです。今でもやはり出産で命を落とす女性はいます。

それだけのリスクを抱えて、「餌もとりません」「守りません」「自分のことは自分でなんとかしてください」と言う男性の子供を産めますか?
その夫のもとで、子供を育てられますか?

なので、「妻子を守る気はないです」という男性は、少なくとも、子供を望まない女性を選ぶべきだと思っています。
現在の日本では、子供さえ産まなければ、女性も努力次第で十分自活できますから、男性に餌をとってもらったり、守ってもらう必要はないでしょう。

女性に子供を産んでほしいと思うなら、やっぱり男性の義務は果たさなければ難しいでしょう。

とはいえ、IT化やグローバル化で、餌場の競争率がはねあがっている昨今、できれば夫婦で餌とりに行けるとよいのですが・・・。
私の父は「そのために、人間は長生きするという説がある」と言っていましたね。
「通常の生物は、子育てが終わると親は死ぬ。なのに人間は子育てが終わったあとも20年も30年も生きる。
これは、餌をとりに行かなければならない子供夫婦にかわって、孫の面倒をみるためにちがいない」と。

本当かどうかわかりませんが、現実はもうそうするしかない社会になっている気がします。

遠まわしに孫を催促されたような気がしなくもないですが・・・・・w
スポンサーサイト
女性が働き続ける、ということについて。
ある婚活関係の掲示板にて、男性がこんな書き込みをしていました。

「こういうご時勢ですので、ちゃんと仕事をもって、私に何かあったときには家計を支えられるくらいの収入を得ている女性がいいです」


確かに、その気持ちはわかります。
しかし、私は以下のようなレスを返してみました。

「家計を支えるとなると、パートや派遣、契約社員では難しいです。正社員でなければならないと思います。
正社員なら、残業、出張、転勤なども当然こなさなければなりません。

育児休業や時短制度などを使うにしても、育児休業は1年、時短は長くても子供が小学校に上がるまでしか使えません。
ちょっと残業がある会社なら、奥さんが毎晩夕食を作る、などはほとんど不可能です。(深夜ならできるかもしれませんが)そのあたりは平気でしょうか。

子供や親が病気になったときに、奥さんが会社を休めなければ、どうなさるおつもりでしょうか。

奥さんが一週間出張に出ることになった場合、その間の家事育児についてはどうされるつもりでしょうか。

奥さんが転勤(海外も含めて)になったらどうされますか。あなたが会社を辞めてついてゆく、あるいは奥さんが単身赴任となり、あなたが家事育児をすべて担当することなどはできますか


回答は以下のようなものでした。

それはちょっと極端な例ではないでしょうか。
そこまで家庭を犠牲にして働いてほしいとは思っていません。

残業については子供がいたら断るべきではないでしょうか。
夕食はやはり母親がつくるべきだと思います。家に帰ったときあたたかい夕食があるのが憧れの結婚生活なので。

子供が病気になったときに仕事を優先するというのは、母親としてどうかと思います。
男性なら休めなくても、女性なら休めると思いますのでそこは母親がみるべきです。

出張も断るべきだと思います。一週間も母親が家をあけるなんてありえません。

転勤なんてもっとありえません。母親としての自覚がなさすぎます。
私が会社を辞めるなんて現実的ではありませんし、断るのが当然でしょう

・・・・うん。


確かに、そういう働き方を選ぶ女性もいます。
結婚、出産を機に、残業も断り、出張も断り、転勤も断り・・・。
そうなると、当然、昇進や管理職になるのなども、断らなければなりませんね。
会社からすれば、戦力外とみなさざるを得ないでしょう。
それができる仕事内容で、それが許される会社で、本人がそう望むのなら、それでいいと思います。

しかし、そんな状況は稀です。
正社員ならクビになることはないと思うかもしれませんが、巧妙に肩たたきされる例はいくらでもあります

というか、普通に働いている会社員の方ならわかりますよね?
この男性が求める「働き方」で、「一生家計を支えられるだけ稼ぐ」ということが、どれだけ難しいか。



「極端な例」「家庭を犠牲にして」と彼は言っていますが、「残業、出張、転勤を断らない」というのは、今まで家計を支えるために男性がしてきた、ごく普通の働き方です。
何か特殊な仕事でない限り、男だろうと女だろうと「家庭を犠牲にして」働かないと、家計をささえるほど働くのは無理なのです。


男性だと当然のことが、なぜ女性ならできると思われるのかというと、以下のような男性の思い込みからではないかと思います。

●「会社制度などで女性は男性に比べて優遇されているから、残業出張転勤を免れるはず」
・・・子供が幼児までなら、確かにそうかもしれません。それも恵まれた会社なら、です。
小学校に入ってしまうと、育児支援制度が使えない会社がほとんどです。
私の知ってる会社の中には産休すらとれない会社もちらほらあります・・・・。
(子供ができたら辞めるしかない)

●「家事育児をちゃんと自分でやったことがないから、その労力や大変さがわからない」
・・・専業主婦の母親や姉妹などが自然にこなしていると、「仕事」ではなく「日常生活の一部」程度に考えてしまう男性が多いと思います。一人暮らしをしていないとまったくわからないですが、一人暮らしをしていても家事をやってなければ同レベルだったりします。
「家事なんてたいした仕事じゃない」と思う男性は、じゃあぜひ、そのたいしたことない家事をすべて担当してあげると、奥さんも存分に働けると思います。

●「女性の仕事なんて、たいして大変ではないから家事と両立できるはず」
・・・30代後半以上くらいだといまだにこういう思い込みの人がいるようです。
おそらく、バブル期くらいまでは、女性社員といえば「男性社員のお嫁さん候補(最初から腰掛前提で、戦力としてはほとんど期待されてない)」お茶くみOLが多かったからだと思います。
しかし、氷河期以降、そういった簡単な仕事は機械や派遣社員にとってかわられました。
今やそんな「そこそこしか仕事をしない腰掛前提の女性社員」を正社員として雇う余裕のある会社は少ないです。っていうかあるのでしょうかね?
うちの会社は女性であっても、深夜残業とか週の半分出張とか、休日出勤とか、普通にやっています。
(以前勤めていた会社では、女性であっても床にザコ寝で、連続泊まり作業なんて普通にありました)


というわけで、女性であっても家事育児と仕事の両立には、かなり限界があることはわかるかと思います。
(これでわからない人は、もうおとなしく自分が稼いで専業主婦志望の奥さんをもらって、一生ちゃんと妻子を養ってください)

かといって、夫も仕事をしているわけで、家事育児には限界があります。夫婦そろって家庭を犠牲にして働いていたら家庭崩壊、結婚する意味もないでしょう。

なので、妻が働き続ける、という選択肢をとる場合、お互いの両親の実家をアテにするしかなくなります。特に、奥さんの実家ですね。(夫の実家でもいいのでしょうが、嫁姑の関係によっては、家庭が地獄になりますよ。)
あるいは、家事育児のアウトソーシングですね。ただしお金がかなりかかります。
夫婦で相当稼ぐ家なら可能かもしれませんが、「夫の稼ぎでは足りないから奥さんも」という家庭では、たぶん難しいでしょう。


まあ、いろいろぐだぐだ書いてきましたが、要するに、「奥さんに稼ぎを求めるなら、夫にも相当の覚悟が必要」ってことなんです。

「奥さんにもちゃんと働いてほしい」という方。
特に、奥さんにガッツリ働いてもらわないと生活がまわらないような年収(400万以下とか・・・)の方。

・妻の両親と同居、あるいはごく近所に住むことを真剣に検討できますか?

・どう段取りしたら、毎晩夕食をちゃんと作れるのか、考えてみたことがありますか?

・自分の会社の男性の育児休業について、きちんと調べて知っていますか?

・小学生以降になった子供を、どこに預ければいいか、考えたことがありますか?

・子供や親が病気になったとき、自分が休めるか真剣に考えたことはありますか?

・夫婦どちらか、あるいは双方が転勤となった場合のことを、真剣に考えたことがありますか?

・仕事で疲れて帰宅した後にも、毎日数時間家事をしなければならないことをわかっていますか?

・自分の趣味に費やす時間や、家でゆっくりくつろぐ時間がほとんどなくなることをわかっていますか?

・親が要介護になったとき、自分が会社を休んで介護しなければならない可能性を考えていますか?




なんとなく、そういうことは妻が自分に合わせてどうにかしてくれるもので、自分が考えることではないと思っていませんか?



よく、男性は女性に対して「一生働く覚悟がない」といいます。
それは否定しません。今の日本で本当に一生働き続ける覚悟がある女性は多くはないと思います。
多くの女性が「子供が生まれたら、一度仕事はやめて・・・」と考えていると思います。
しかし、その理由としては「男性側の覚悟がない」のもかなり大きいのです。

男性側が上記のようなことについて、きちんと覚悟と負担を担ってくれないと、女性は働き続けられませんし、どうしても働きたい女性は、家庭や子供をあきらめるということになります。
実際、現在40代くらいの世代ではそうでした。一昔前までキャリアウーマン=オールドミス、みたいなイメージがあったのはそのせいです。
私の周囲では、一生働き続けたかったけど、どうにも育児と両立ができず、やめざるを得なかった人が多いです。続いている人は奥さんの実家に同居している人だけですね。
夫の転勤についてゆかざるを得なかった女性も多いです。

最近の若い女性は、専業主婦志望が多いといいますが、先輩世代を見ていて「結局女は子供を生んだら働き続けるのは無理なんだ。だったら、無理に働くより、若くてきれいなうちに、妻子養えるくらい稼ぐ夫を見つけて、専業主婦になるのが一番楽じゃん」という結論にいたったとしても、無理ないことかと思います・・・。
(私は専業主婦はリスクが高いと思いますが・・・)

もし、上記のようなことはすべて考慮済みで、相応の覚悟と負担を担うという前提で、「女性にも仕事を持ち続けてほしい」という男性なら、きっと婚活市場では人気があると思います。仕事がとても忙しくて、でも結婚したい、子供もほしいという女性は多いからです。
奥さんの残業も出張も転勤もばっちこーい、家事育児介護、全部負担できます!という男性はぜひそれをアピールしてみてください。



ただ、私が見る限り、「妻子をちゃんと養うほどの収入もないけど、上記の覚悟もまったくない男性」というのがとても多いのが・・・・女性としては気になりますけどね・・・。
女性は男性が怖いもの
男性にわかっておいてほしいことに一つに、基本的に女性は男性が怖い、ということがあります。
これはかなり個人差があるので、女性全員にあてはまるわけではないのですが・・・。

いくら男女平等の世の中とはいえ、女性のほうが基礎的な体力は男性より弱いです。
これはほとんどのスポーツ大会や記録管理が男女別に行われているとおり、全世界共通事項です。

また、男性から女性への暴力・性犯罪事件と、女性から男性への同事件について、具体的なデータを出すまでもなく、前者の方が圧倒的に多いです。特に性犯罪においては、男女の体の仕組みからいっても、女性が男性を襲うというのはかなり難しいことですが、逆は容易に成立します。
また、一般に男性の方が女性より性欲は強いです。これも個人差は大きいですが。

何が言いたいかというと、女性にとって「男性」とは、力づくで自分を襲う可能性がある生物である、ということです。

多くのまともな男性にとっては心外でしょうし「男というだけで性犯罪者呼ばわりされてはたまらない」と思うことでしょう。

このことは男性にはわかりづらいことです。なぜなら女性にとっての男性のような生物が、男性にはいないからです。

なので、男性にはこのように例えを言っています。

「もし、会社や夜道や満員電車で、自分以外はすべて、レスラーのような屈強で大きい男性で、しかもその男性がすべてゲイだったら、どう感じる?」

誤解なきよう、決して男性同性愛者に偏見があるわけではないです。ただ、「男性が力でかなわず、男性に性的に興味を持つ存在」として例に使わせてもらっています。

たいていの男性は、「怖い」と答えます。

多くの男性が女性を襲ったりしないように、多くのゲイも、男性に性的関心があるからといって、力づくで男性を襲ったりしません。

それはほとんどの人が頭では理解していると思います。

でも、怖いのです。

女性が男性を怖がるのも同じです。

中には、隙だらけで警戒心のない女性もいますが、ちょっと意識のある女性なら、男性には警戒します。
特に、婚活で出会うような、まだ相手の身元も人間性もよくわからない相手については、かなり警戒します。

男性から見たら失礼だったり不可解だったりする、女性の態度などは、この警戒心から来ているものもあります。

なので、出会った女性がかなりガードが固かったりしても、ちょっと我慢して、相手の信頼を得られるようにしてあげてください。
また、アプローチをした女性に無視されたりしても、あまり気を悪くしないでください。
まだ、相手にはあなたがどういう人かよくわからないのです。
女性は(社会的にはともかく)身体的には男性に比べれば弱者です。
弱者は弱者なりに自衛をしているのです。
女性と男性は当たり前だけど別の生物
男性にわかってほしいこと、あるいはわかっておいたほうがいいと思うことは多々あります・・・。

ここにはそういったことを書いていこうかなと。

まず、先日めでたく優勝しましたなでしこジャパンの監督さんがこんなことをおっしゃっていました。

「女性はギリギリまでしごいたと思っても、練習がおわったらけろりとしておしゃべりなんかしている。
でもそれを、男性のように「おまえら手を抜いただろ!」としかってはいけない。
女性は子供を産む性なので、無意識のうちにセーブして力を使いきらないようなコントロールをしているからだ」

当たり前のことですが、女性と男性は違います。
いくら男女平等といったところで、生物としての役割が違う以上、どうしたって違いは出ます。

女性と男性ではいろいろな部分が違いますが、その多くはこの「子供を産む性かどうか」というところにかかってくることが多いです。
さらには、その性による役割分担がもたらした、社会的役割ですね。

男性は女性に比べ、理屈で物事を納得する力が高いので、意味不明あるいはワガママに見える女性の言動も、生物としての役割や本能に基づくものだとわかれば、納得も対処もしやすいのではないかと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。